三重県名張市伊賀市のホームページ制作/グラフィックデザイン

Web Studio DeRize(ディーライズ)

BLOG

GoogleからSEOスパム行為!代表的なSEOスパム行為を知ろう

代表的なSEOスパム行為

GoogleがWebサイトに対して行き過ぎたSEOによる「スパム」を発見すると、運営者に対して手動で対策をするってご存知ですか?「コラーっ!」ってGoogle先生から怒られるわけです。そして「Search Console」を利用していれば、手動による対策の通知が届きます。ただ、どんな行為がペナルティとなるのか最低限の知識がないと、知らず知らずのうちにスパム行為をしていたなんてことにもなりかねません。今回は代表的なSEOスパム行為を学び、正しいSEO対策のための参考にしていただきたいと思います。

スパム行為によるSEOスパム行為とは?

簡単に言うと「Googleに怒られること」です。Googleが定めたガイドラインに違反していると怒られ、ペナルティを受けるわけなんです。ペナルティを受けたら…もはや悲惨です。あなたのホームページは検索エンジン上から存在しなくなる場合もあります。なんとか検索エンジンに残ったとしても、大きく順位を落としてしまったりと、いきなり地獄へ落とされるんです。私にも経験があります。詳しくはまたの機会に…。

そうならないために、下記に代表的なSEOスパム行為を紹介します。ただ、この令和の世に、まだこんなことしてるのかと思いますが、知らずにしていたなら…恐ろしいですね。それでは、代表的なスパム行為をご紹介いたします。

ペナルティ対象となるスパム行為

自動的に生成されたコンテンツ

いくつかのWebサイトの記事を無断で組み合わせたコンテンツや、機械翻訳されたコンテンツ、また機械的に作成された意味不明なコンテンツなどです。海外サイトを機械翻訳しただけのものを、あたかも自分の記事のように公開しているブロガーもいますね。また、複数のホームページを上手にくっつけて、オリジナルの記事のようにしている人もいますが、実はけっこう見抜かれているんです。こわっ。

リンクプログラム

今でもたまーに見かけます。これはSEO目的の不自然なリンクのことですね。不自然なリンクとは、例えば金銭でリンクを売買したりすることによるリンクで、Google先生はこういった行為を禁止しています。相互リンクなんかも過剰であれば、ペナルティの対象になるので注意しましょう。自然なリンクが一番なんです。

隠しテキスト&リンク

白背景に白のテキストや、フォントサイズ「0」のキーワードの羅列などの行為は絶対ダメです。これは古くから使われる手法でして、今だにやってる人がいるというから「何時代の人だよ!」という感じです。人の目には分からなくても、Google師匠には全てお見通しなんです。

誘導ページ

これも結構見かけます。私どもの同業者、ホームページ制作会社にも多いです。各地域と業種を組み合わせたクエリで上位表示を狙い、同じ内容のページを地名だけ変えて作成する手法です。近隣の地域でも仕事が欲しい気持ちは分かりますが、手法が安易すぎますよね。見抜かれるので注意しましょう。

キーワードの乱用・詰め込み

キーワードを何回も繰り返し使ったり、文章の流れを無視して不自然に乱用する行為ももちろんスパムと見なされます。クエリを意識するのは大切なことですが、自然な文章を心がけ、キーワードを散りばめることを一度忘れてください。キーワードを定めることは重要ですが、あとは自然の流れで文章を作成してみてはどうでしょうか。

ペナルティを受けたらどうなるの?

Googleはスパムに対応するために2種類の方法を用いています。まず1つ目はアルゴリズムによる対策で、これはプログラムによって自動でスパムを検知し、評価を下げたり、無効化するなどの対応をします。

もう1つは手動による対策で、こちらはGoogleのスタッフによって評価を下げられたり、インデックスから削除されたりします。この手動による対策はかなりの件数になるそうです。自分のサイトが手動による対策の対象になった場合は、「Search Console」に登録していれば通知されます。

もし通知がきたなら、指摘された問題や疑わしい部分を全て修正し、Googleに再審査をリクエストする必要があります。

ただ自身で修正できない箇所、例えばリンク元のサイト側に削除を依頼するなど、かなり難しい場合があり、長期化することが多いです。スパムを行うということは、今までの苦労が全て無駄になるということですので、正しいSEOの方法を身につけ、実践していくことが大切なのです。


関連するエントリー
ご相談・お見積り

制作のご相談・お見積り(無料)を
受け付けています。

制作についての不安や疑問など、どんなことでもお気軽にご相談ください。 制作会社様からの制作外注依頼もお待ちしております。

電話番号