三重県名張市伊賀市のホームページ制作/グラフィックデザイン

Web Studio DeRize(ディーライズ)

BLOG

今、最も必要なSEO対策とは!?「検索ユーザーの体験」に焦点を当てた対策を

今、最も必要なSEO対策

グーグルとSEO対策者の化かし合い…。SEO対策と聞けば、そんなイメージを持っている方もいるでしょう。でも昨今のSEO対策は全く違ったものになっています。私も20年近く、Webの現場を見てきましたけど、ひと昔前のSEOの概念は全て捨て去らなければならないと思います。今回はズバリ、私の体験も踏まえ、今最も必要なSEO対策について考えたいと思います。

ひと昔前のSEO対策

ひと昔前の検索エンジンは、まだまだ不完全で、「SEO」をという言葉が広まり始めた頃には、付け入る隙がありました。その当時のSEOは「検索エンジンのロボットに向けた施策」と考えられていました。たとえコンテンツが薄くても、有効なキーワードを多く含めたり、被リンクを集めたりと、簡単に検索順位を上げられたのです。実際、私もその当時からWeb制作に携わっていたので、経験ありますが、検索順位を上げるのが本当に簡単だったんですよ。簡単なので調子にのってやりすぎちゃうと、ペナルティをくらったりしましたけど…。

その後、アルゴリズムが大きく改良され、AIの導入などによって、検索エンジンは人間の能力に近づいてきました。そして検索エンジン側が、当時の無茶なSEOをスパムとして対処した結果、当時のSEOは過去の産物として、全く意味のないものになっています。

私が体験した2019年のアルゴリズムの変動

これは私も経験したことなんですが、個人で運営していたブログがあり、毎月収益もそれなりに出ていました。でも、2019年3月のアルゴリズムの変動にやられました。

検索順位が10位以内だった記事も、圏外もしくはかなり順位を落としました。その結果、収益は10分の1以下に…。やはりGoogleから見れば、私のコンテンツは質が低かったということだと悟りました。オリジナリティーが薄かったのが原因なのか、ユーザーが本当に知りたい情報がそこにはなかったのか、いずれにせよ質は低かったんだと思います。

その月以降、個人ブログは軒並み検索順位を下げ、ブロガーと呼ばれる人たちは姿を消したのも、今では遠い昔のようです。

ここで考えたんですが、本当のSEOとは一体何なんでしょう。

「検索ユーザーの体験」に焦点を当てた対策を

一つ言えるのは、一時的に成果を上げたとしても、検索エンジンのアルゴリズムの変動で、評価が見直されたりして、通用しなくなるということです。そして、ロボットにではなく、「検索ユーザーの体験」に焦点を当てた対策こそが、長期的に取り組める、これからのスタンダードと呼べるSEOなのです。ポイントは、ロボットにではなく「人」に焦点を当てることなんです。

これからのSEOをまとめてみました…

  • どのデバイスでも閲覧しやすいレイアウトに
  • 調べたい情報にすぐにたどり着けるように配慮する
  • すばやく表示できるようにサイトの速度を改善
  • 検索ユーザーが調べたい情報を、他のサイトよりも詳しく正確に提供する
  • 自身の経験などからオリジナリティーのある内容を

…これこそが、「検索ユーザーの体験」に焦点を当てた、ユーザー目線の対策なのであり、現在のSEOの最も基本となるところなのです。

要するにガイドラインを守って、ユーザーのためになるようなSEOを心がけましょうということです。

ガイドライン

ガイドラインを一度確認して、ユーザー目線に立ち、どこよりも質の高い知りたい情報を提供するように心がけていきたいものです。さらに自分の特技を活かしたりして、他にはないオリジナリティーの溢れるコンテンツを作っていくことこそが、最強のSEO対策なのではないでしょうか。


関連するエントリー
ご相談・お見積り

制作のご相談・お見積り(無料)を
受け付けています。

制作についての不安や疑問など、どんなことでもお気軽にご相談ください。 制作会社様からの制作外注依頼もお待ちしております。

電話番号